kindle unlimitedで読書な日々

kindle unlimitedで読んだ本の日記です。BL・TL・少女漫画が多めです。

「黒崎あつし/夜伽の条件」

 昔中古でいろいろ買ってそのまま積読になってたBL小説を消化中です。

両親を相次いで亡くした高校生の佳希は、父の残した借金をタテに、叔父から売られるようにしてベンチャー企業のオーナー・正見の家で暮らすことに。華やかな美貌の為、以前にも男に売られそうになったことのある佳希は、諦めとともに正見に抱かれることを選ぶ。そんな生活の慰めは、独特なテンポの持ち主で端正なハウスキーパーの加瀬。仕方なくだった筈の正見との行為にカラダが溺れていく一方で、加瀬への想いは募り…!? ミダラで一途なロマンティック・ラブ! ※こちらの電子書籍については、口絵や挿絵は収録しておりません。ご了承ください。

 

カップリングはハウスキーパー加瀬×高校生の佳希

母が事故でなくなり、父親が失踪。父の妹の叔母の家に引き取られます。それなりに不自由なく育てられますが、叔父に売られてベンチャー企業のオーナーの正見の家でお世話になることになります。夜のお相手に引き取られたと思っている佳希は肝が座ってるのか誘い受けです。

そこの家政夫の加瀬に惹かれていきますが、夜は目隠しで正見に抱かれている佳希。

自分の気持ちを偽れなくなって、正見に好きな人がいると伝えますが、酷く乱暴に抱かれてしまいます。

家も出ていくことになり加瀬に告白しますが、実は加瀬は・・・というオチが非常にわかりやすいお話です。

 

加瀬(当時大学生)が佳希に目を付けたのが、小学生の頃・・・・・ちょっと犯罪臭がします・・・・というかまだ佳希は15歳なんですけどね(笑)

加瀬は優しい世話やき攻めで佳希はクールな受けですかね。

結局、佳希の父親はどっかで生きてるんでしょうかね、それとも・・・・そこをきちんと知りたかったですかね。

本編の他に短い番外編が入ってます。佳希の共同経営者の社長×秘書のお話です。こちらは余裕な大人攻めとツンデレ受けです。

 

恐らく挿絵が樹要さんだったから買ったような気がするんですが、電子版だと挿絵なしなんですね、残念。というかその分電子はもうちょっとお安くして欲しいものですね。

 

私のおすすめ度は★★★☆☆です。

夜伽の条件 (角川ルビー文庫)

夜伽の条件 (角川ルビー文庫)