kindle unlimitedで読書な日々

kindle unlimitedで読んだ本の日記です。BL・TL・少女漫画が多めです。

声優攻め 椿姫せいら/サンタクロースは愛を囁く

サンタクロースは愛を囁く (スピカ文庫)

20歳の実尋は駆け出しの声優。幼い頃に抱いたとある大物声優へのあこがれを胸に、「2年間で結果を出せなければ契約解除」を条件にプロダクションの預かり所属となったが、約束の2年が目前に迫っているというのに鳴かず飛ばず。支えてくれていた母を病気で失ったこともあり、夢を諦め堅実な職につくべきかとこれから先のことを迷っていた。そんな悩める年のクリスマス、実尋の前に義理の兄を名乗る男、羽澄が現れる。25歳も年の離れた兄の存在を聞かされていなかった実尋は訝しがるが、羽澄は実尋が幼いころサンタ宛てに書いた手紙を持っていて、実尋の生い立ちについても詳しかった。なにより羽澄の立ち居振る舞いに誠実さを感じた実尋は、彼を信用することに。声優を諦めようか悩んでいる、と今の状況を説明すると、羽澄は支援させて欲しいと申し出て……。

 

小宮羽澄(兄を名乗る男 45歳)×桂木実尋(駆け出しの声優 20歳)

 

子供の頃から好きなアニメの声優さんが攻め。受けは気づかないんですが、イケメンの人気声優さんで事務所作るほどの人はネットで調べれば顔わかると思うんですよね・・・しかも同じ声優で憧れてるならなおさら。声聞いても気づかないとかあざといにも程があるなと思いました(笑)

攻めは義兄のフリをしてますが、本当は義兄の友人です。受けは不倫の末にできた子供ですが相手はお金もってるし、養育費くらいもらっとけば良かったんじゃないですかね。サンタのふりしてクリスマスのプレゼントだけなんてお涙ちょうだいよりまずイラっとしました。

スパダリで甘々な攻めなので好みなんですが、母一人子一人で苦労してる割に受けがうじうじしててちょっとなぁ・・・・鈍感さもわざとらしくてダメでした(^_^;) 

やっぱ憧れの声優の顔も知らない声を聞いてもわからない設定は無理がある!

絵は表紙だけですが、イメージ通り。特に攻め様はどんぴしゃでした。

 

 

★★★☆☆