kindle unlimitedで読書な日々

kindle unlimitedで読んだ本の日記です。BL・TL・少女漫画が多めです。

中原一也/街の赤ずきんと迷える狼

街の赤ずきんと迷える狼 【SS付き電子限定版】 (キャラ文庫)

【電子限定版】書き下ろし番外編「二人しか知らない」収録。●氾濫する薬物と組織犯罪から社会秩序を守るため、酒と煙草の違法入手が禁じられた未来――赤いマントを纏い、夜の街を華麗に徘徊する謎の運び屋「赤ずきん」。標的に追うのは警視庁の特殊部隊≪ウルフ≫の捜査官・向井(むかい)だ。人目を引いては警察を翻弄してくる男を、次こそは捕まえる!! 男の身のこなしに只者じゃない風格を感じていたある日、男がなんと元ウルフの創設メンバーだったと判明し!? ※口絵・イラスト収録あり

 

工藤貴盛(赤ずきんちゃんと名乗る運び屋 30代)×向井千尋(警視庁の特殊部隊WOLFの捜査官 20代)

 

作家買い。中原さんの親父攻め大好きです~。今回はそこまでオヤジではないですが、大人の色気ムンムンな攻様です。

近未来の日本が舞台で、赤ずきん(運び屋)を追いかけるウルフと呼ばれる捜査官がパルクールで追い詰めていきます。躍動感があってカッコいい! しかし相手が上手でいつも逃げられてしまいます。なんせ正体が○○なので!!

しかも工藤は新人の頃ヘマをしてしまった向井を助けてくれた相手です。タバコの匂いで覚えてたっていうのがまたいいですよね~。

当て馬(?)の向井の上司の遠野が割と好きでした。妹思いのお兄ちゃんです。しかしやってることがね・・・・正義の定義は難しいですね(^_^;)

思ったよりエロが少なめだった気がします、残念だ(笑)

 

★★★★☆