kindle unlimitedで読書な日々

kindle unlimitedで読んだ本の日記です。BL・TL・少女漫画が多めです。

大正~昭和あたり?「鈴木あみ/東京あまとりあ(上下巻)」

積読分、こちらは電子化はされてません。

雫は、吉川伯爵が訳あって他所にあずけていた令嬢・珠子の身代わりとして、吉川家で暮らすことになる。
吉川伯爵に疑われず楽々屋敷に入った雫だが、すぐに異母兄の夏威に女性がばれ、ニセモノと知られてしまう。
夏威は雫に、見逃す代わりに「俺の玩具になれ」と、セックスを強要。
夏威はなぜ、雫がニセモノと知っても黙っているのか?冷たいようで優しい夏威に、自然と雫は惹かれていく…。

 

カップリングは夏威(珠子の異母兄)×雫(偽物令嬢珠子の身代り)です。

 

雫が身代わりになった珠子は伯爵令嬢ですが、妾の子でよそに預けられていました。そこの使用人と恋に落ち心中。

代わりに弟の進学でお金が必要だった珠子によく似ている雫が女装して伯爵家へ。

 

そこには珠子の義兄(別の妾の子)と義弟(本妻の子)がいて、義兄の夏威は生前の珠子と交流があり死んだことも知っていました。

珠子に思いを寄せていた夏威に乱暴に抱かれ、身代わりの件を黙っている代わりに玩具にされることに😱

 

最初こそ乱暴でしたが、何かとかまってくる夏威に惹かれていく雫。珠子の身代わりで夏威の傍にいるのが辛くなり衝動的に家を出てしまいます。

 

生前珠子が世話になっていた屋敷で当て馬に襲われそうになっていたところを夏威に助けられます。

伯爵家に本当のことを告げようと決心しますが、当て馬に突撃され夏威は撃たれ雫は連れ去られます。

当て馬と結婚する許可を伯爵に貰っているところに義弟が雫が珠子では無いことを暴露。

 

しかし実は雫は珠子の双子の弟だったのです!!

えー・・・。

当て馬(実は珠子と使用人を殺したのはこの人)は自殺。

えー・・・。

 

伯爵家に引き取られる雫、弟の面倒も見てもらえることに。

夏威には婚約者がおり、式の途中で雫と駆け落ちしてめでたしめでたしです。

 

ちなみに夏威の婚約者は使用人との間に子供ができており、2人の駆け落ちを隠れ蓑にこちらも駆け落ちしています。

 

正直ツッコミどころの多いお話でしたが、勢いがあって面白かったです。

 

ただ雫が男同士なのにと気にしてましたが、その前に半分ですが血ぃ繋がってますやーん!

そっちの方を気にしなよ! 

義弟も雫を好きだったみたいだし、近親相姦が酷い(笑)

 

弟(血の繋がりはない)は雫のおかげで面倒見てもらえるのに駆け落ちしたらどうなるんだろう。

あと金使いの荒らそうな夏威と外国で2人で暮らしていけるのか・・・大いなる謎です(笑)

東京あまとりあ〈上巻〉 (アイス文庫)

東京あまとりあ〈上巻〉 (アイス文庫)

 
東京あまとりあ〈下巻〉 (アイス文庫)

東京あまとりあ〈下巻〉 (アイス文庫)