kindle unlimitedで読書な日々

kindle unlimitedで読んだ本の日記です。BL・TL・少女漫画が多めです。

意地悪攻め「妃川螢/悪魔侯爵と白兎伯爵」

悪魔伯爵と黒猫執事」「悪魔公爵と愛玩仔猫」に引き続き悪魔シリーズ3作目です。

 ――ここは、魔族が暮らす悪魔界。悪魔侯爵・ヒースに子供の頃から想いを寄せていた上級悪魔である伯爵・レネは、本当は甘いものが大好きで、甘えたい願望を持っていた。しかし、自らの高貴な見た目や変身した姿が黒豹であることから自分を素直に出すことが出来ず、ヒースにからかわれる度つんけんした態度をとってしまう。そんなある日、ついうっかり羽根兎と合体してしまい、なんと白兎姿に。上級悪魔の自分が兎など…! と屈辱に震えながらもヒースの館で可愛がられることになる。彼に可愛がられて嬉しい半面、上級悪魔としてのプライドと恋心の間で複雑にレネの心は揺れ動くが…。 【おことわり】電子書籍版には、紙版に収録されている口絵・挿絵は収録されていません。イラストは表紙のみの収録となります。ご了承ください。

 

カップリングはヒース・ノイエンドルフ(悪魔侯爵)×レネ・グレーフェンベルク(上級悪魔伯爵)です。

攻めは前作にも出てきた魔界ナンバー3の侯爵様です。

 

 

悪魔侯爵と白兎伯爵

表題作です。

産まれたばかりの子豹のレネは魔物に襲われていたところをヒースに助けられますが、黒猫に間違えられてご立腹。幼い頃の屈辱を晴らそうと大人になってヒースに会いに行きますが相手にされずイライラ。

そんな時、前作のカップルのノエルがクライドに素直に甘えているのを見て嫉妬します。自分はあんなに可愛くない、可愛くなりたいと思ったら羽根兎に変化してしまいます。

ヒースに見つかりペットにされますが、可愛がられて嬉しかったり悲しくなったり・・・。

まぁヒースは分かって遊んでるんですが。

せっかく黒豹なのに、始終兎で殘念でした。私は猫派(笑)

レネはツンデレですが、ヒースが好きなことがダダ漏れで可愛いです、しかしヒースの愛情表現が屈折しすぎてね・・・・もうちょっと素直に可愛がってあげてほしいです。

 

たびたびクライド&ノエルが出てくるんですが、常に抱かれてやってくるの可愛い過ぎます。無自覚イチャイチャカップルです。

このカプが1番好きなのでいっぱい出てきて嬉しかったです。

 

 

敏腕執事の密かな悦楽

公爵様の執事から見たヒースとレネのお話です。

1作目のカップル(アルヴィン&イヴリン)のラブラブも読めて満足。

 

 

仔猫と白兎

ノエルがまたもややらかして逃走。

逃走先に羽根兎に埋もれていたレネがいて、おしゃべりしていたら、お二人のお相手が登場です。お互いお仕置き~。

 

長編が1つと、番外編が2つ入ってます。