kindle unlimitedで読書な日々

kindle unlimitedで読んだ本の日記です。BL・TL・少女漫画が多めです。

渡千枝傑作集(4~6巻)

Kindle Unlimitedで読める渡千枝傑作集の4~6巻です。ホラー漫画なので苦手な方は回れ右してください。

 

 渡千枝傑作集の1~3巻までのレビューはこちら。

bananatyoko.hatenablog.com

 

 

ここからヒロインの年齢層がちょっと上がります。

 

渡千枝傑作集4 寄生虫

短編が8本入ってます。

 

寄生虫

表題作。義姉のゴーストライターをしている修子は酔った勢いで若い男と関係を持ってしまいます。しかしそれからなにもかもが上手く行き始めます。男と同棲し始め、義姉が自殺し、注目を浴びるように。しかし義姉の死に男がかかわってるんじゃないかと疑い始めて・・・。

結局この男はなんだったんですかね~。

 

パンドラの遺言

刑事の祥子のマンションで少女の飛び降り自殺があり、遺書には祥子を含む3人の名前が。一人一人不可解な事故で亡くなっていき、祥子にも危険が!!

幽霊+ミステリーチックなお話です。

 

幻の9階

祐里は新婚で、夫といわくありのマンションに引っ越してきました。それから幻覚と夫が浮気をしているんじゃないかと疑心暗鬼に悩まされます。

幻覚から抜け出す為にマンションから飛び降りようとしますが・・・。

私はホラー好きですが、いわくありの家には住めません、怖い。

 

二度殺された女

単身赴任中の辰雄は会社の女性社員と不倫していましたが、別れた後彼女は会社をやめて、ガス爆発で重症を負いました。その後彼女のこと忘れていた辰雄は貧血の女性を介抱します。そこからその女性にストーカーされ始めます。押しやったはずみで女性は頭をうち死んでしまいます。死体を隠しますが1年後警察が訪れ、女性は整形をしていたらしく実は・・・・。

浮気はいかんよ~。

 

利沙は姉の恋人に密かに憧れていました。姉がアンティークの鏡を買ってきてから、もともと美人でしたがさらに美しくなり、それに比例して性格が醜くなっていきます。姉と関係のあった男性が毒殺され・・・。

鏡って毎日見るものですが、こんな話読んだ後だと怖くて躊躇してしまいます。

 

幻の砂時計

菜子は憧れのスターが亡くなり、落ち込んでいます。そんな時、死んだ人に似ている人に出会えるという寺へ行き、その帰り一人の男性と知り合います。憧れのスターにそっくりの男性に夢中になる菜子。だんだんと周りからは浮いていき・・・。

いつまでも若い気持ちのままじゃいられないと言う話ですかね、身にしみます。

 

最後の夜明け

塔子は母と2人でうどん屋を切り盛りしていましたが、母が亡くなり、血の繋がらない弟が東京から葬儀に戻って来ます。そして塔子が実は資産家の孫だったと解り・・・。サスペンスもの。涙が止まらない~!!

切ないお話です。

 

黄泉から・・・

めちゃくちゃ短いお話です。短すぎて感想がかけません。

 

私のおすすめ度は★★★★☆です。

渡千枝傑作集 寄生虫 (ホラーMコミック文庫)

渡千枝傑作集 寄生虫 (ホラーMコミック文庫)

 

 

 

渡千枝傑作集5 人喰いの島

短編が6本入ってます。

 

人喰の島

表題作。マッドサイエンティスト。科学は恐ろしいというお話ですね。主人公が男の子でで、前世の記憶が残ってます。

 

降ろせぬ十字架

悠花の姉はいつ頃から手をつけられなくなり、父親に当たり散らかします。そんな姉を憎み始めていた悠花ですが、姉が学校でいじめにあっていることを知り・・・。

レイプ物は読むのがきついです。でも因果応報で少しスッキリ。

 

きしむ歯車

2話続けてレイプ物はきつい~。これも復讐ものですね。最後もこれから惨劇が始まりそうな終わり方でした。人の恨みは買いたくないもんです。

 

4人目の乗客

朋は友達と4人で旅行に行きますが、1人来れなくなります。離れに泊まりますが毎年そこに泊まった少女が亡くなっているのを知り・・・ひき逃げはいけませんよ~、警察に行きましょう。

 

二人だけのイエスタディ

辰郎の妻は8年前にひき逃げで亡くなりました。ある日妻の生まれ変わりという幼女が現れます。

最後は納得の終わり方です、ロリコンになっちゃうしね。

 

翡翠の記憶

ヒロインが記憶喪失です。母親の殺人の嫌疑をかけられていて、真相を突き止めるために失った記憶を取り戻していきます。泣けますが、最後は前向きに終わってます。

ヒロインはモテモテです。

 

私のおすすめ度は★★★★☆です。

渡千枝傑作集 人喰いの島 (ホラーMコミック文庫)

渡千枝傑作集 人喰いの島 (ホラーMコミック文庫)

 

 

 

渡千枝傑作集6 死への扉

短編が7本入ってます。

 

死への扉

仁美はいじめを苦に自殺しようとしますが、たまたま隣家に泥棒が入ったのを見て警察に連絡します。

犯人にされた男と逃避行です。ミステリー風味なお話です。最後は泣けます。

 

眠れる森から

琴美は母親に反対された男性と結婚しますが、事故にあい2年間昏睡状態に陥ります。目が覚めて夫の元に戻ろうとしますが、すでに彼には妻子が。しかも妻の名は琴美で顔もそっくり。

このヒロイン嫌いでした。あきらかにおかしいのに自分が琴美だと証明できる母に会いに行こうとしない。そのせいで母親が殺されてしまいます。どんだけ脳内花畑なんだよ! ムカつく話でした。

 

黒い天使

晶は父親の幼馴染の女性と娘としばらく暮らすことに。女性の娘を妹のように可愛がりますが、よく入退院を繰り返すことを不審に思って・・・。小学生の男の子が主人公です。オチは分かりやすいですが、それでもゾワっとします。

 

悪霊の絆

春花は住み込みで、家庭教師をすることになりますが、その館で奇妙な事が続き・・・。悪霊ものです。ホラーっぽいです。

 

ラスト・ドリーム

矢島は父が病気で亡くなり、それを追うように母が自殺してやさぐれていました。そんな時知り合った女生徒が黒い影が見えるといい矢島を引っ張り回します。影は未来の死を教えるものだったのです。最後はほろりです。

 

リーインカネーション

朝子は取材で訪れた旅館に見覚えがあり、自分がその旅館の主人と恋仲だった女性の生まれ変わりだったことを思い出します。

嫉妬は怖いですよね。あと1度目は気の迷いでも2度続けば、それは確信犯だと思います。

 

魔を呼ぶ家――火遊び

麻紀は夫が事故で亡くなり娘と引っ越してきた家で奇怪な事が続き・・・短いお話です。

 

私のおすすめ度は★★★★☆です。

渡千枝傑作集 死への扉 (ホラーMコミック文庫)

渡千枝傑作集 死への扉 (ホラーMコミック文庫)

 

 

 ※1ヶ月限定でKindle Unlimitedに入会してます。5/29~6/29までに読んで本です。それ以降読めるかどうかはわかりませんのでご了承ください。