kindle unlimitedで読書な日々

kindle unlimitedで読んだ本の日記です。BL・TL・少女漫画が多めです。

ブサイク受け「ひのもとうみ/遠くにいる人・隣にいる人」

ひのもとうみさんのデビュー作です。

家具工場に勤める佐倉治樹は、本社から移動してきた上司の小田島達朗に恋をした。彼の素行の悪さを知る治樹の幼馴染は、小田島だけは止めておけと何度も言うが、地味な治樹にとって華やかな小田島は憧れずにはいられない存在だった。そして小田島はなぜか事あるごとに治樹をかまい、特別な優しさを向けてくる。期待してはいけないと思いつつ、治樹はその幸せを受け入れはじめるのだが・・・。

 

カップリングは小田島達朗(経営者一族の副工場長)×佐倉治樹(家具メーカーの工場勤務)です。

これはひとえに攻めと受けのキャラを好きになれるかどうかにかかってきますね。面食いで無神経攻めと、ネガティブ受け

ちなみに私は攻めは好きでしたが、受けがどーにも女々しくて。恋愛脳過ぎるというかなんというか、いちいち体調や仕事に影響出しまくるのは如何なものかと。健気と言われればそうかもしれませんが、恋愛体質のゲイなだけな気がします(笑)

しかし面白いんですよね~。久々に読み直しましたが、止まらない!!

 

治樹には同じ会社に務める、幼馴染の三津(美人)がいるのですが、その彼を狙っていた小田島に誘われるようになり浮かれてたところに、真実を知ってしまいやさぐれます。

小田島を忘れるために、出会い系で知り合った男と付き合うことにしますが、その彼も問題あり。

というか今まで付き合った相手もダメ男ばかりだそうで・・・自分の容姿にコンプレックスがあり、付き合ってもらえてありがたいと思ってる卑屈さがなんとも切ないですね。っていうかそこまでダメ男ばっかりなのは治樹にも問題あると思いますけどね!! 

 

自分のことを好きだと思っていた治樹がそっけなくなったり、他の男と付き合ったりで、小田島はイライラ。仕事にもでなくなった治樹を心配して寮へ行くと暴行の跡が・・・男を追い出して一人にしてほしいと暴れる治樹を抱きしめてそのままベットインです。

 

その後、同情で抱いてくれたと思っている治樹は前向きに小田島の事を忘れようとしますが、かまってくる小田島に困惑します。

せめてものお返しにと三津とのセッティングを申し出たり、サプライズでお泊りを用意され期待したくないと断わったり、小田島は機嫌が悪くなる一方です。この僕が誘ってやってるのに!! と。攻めの一人称が「僕」っていいですよね~。

そんなこんなですれ違い続行中です。

 

しかしついにきちんと言葉にするんですね! ほっとしました。ハラハラドキドキでした。表紙が素敵です、内容通り(笑)

 

私のおすすめ度は★★★★☆です。 

 

続編もあります。

数多の恋愛を経て、小田島達朗が佐倉治樹と付き合いはじめて一年。小田島の仕切る家具工場で働く、地味で控えめな恋人を小田島は愛していた。そんなある日、本社の叔父に騙され取引先の娘と無理やり見合いをさせられてしまう。勘違いし傷ついた治樹の誤解をどうにか解いたものの、治樹は妙に小田島に遠慮するようになってしまい…。「遠くにいる人」シリーズ第二弾。治樹の幼馴染・三津のサイドストーリーも収録。

 

前作に引き続き、カップリングは小田島達朗(経営者一族の副工場長)×佐倉治樹(家具メーカーの工場勤務)です。付き合って1年が経っています。

治樹に後輩ができて仕事を教える上での悩みやら、小田島が親族に騙される形でお見合いさせられたり。

攻めの傲慢さはなくなりましたけど、受けが相変わらずのネガティブ思考です。

そしてなんだろうな、結構あざといなと思ってしまいましたよ(笑)

でもまぁ小田島を無意識に信じきれないっていうのはしょうがないかなと思います、前作が前作なのでね。私も信用してません(笑)

でも今作でびっくりするくらい彼は変わってますので。というか誠実になりすぎてハラハラ感は減ってしまいましたかね。治樹の成長はあまりみられませんが、最後はちょっとは前向きになってたっぽいのでよしとしましょう。

 

もう一つ短編が入ってるのですが、それは三津の後輩の臼井からの視点のお話です。

臼井が三津を意識するまでと、臼井から観た3人(治樹・小田島・三津)の関係性。

正直三津の治樹に対する気持ちが友情以上だと言うのは知りたくなかったですね、そこは純粋に友情を貫いてほしかったです。

っていうか治樹が相手なら押せばなんとかなったと思うんですけどね(笑)

 

 私のおすすめ度は★★★☆☆です。