kindle unlimitedで読書な日々

kindle unlimitedで読んだ本の日記です。BL・TL・少女漫画が多めです。

プライムビデオで「今夜、ロマンス劇場で」と「祈りの幕が下りる時」を見ました。

最近の映画がプライムビデオで見れるようになるのが早い気がします。1年経ってないのとかありますよね。

有難いですけど。

ただ見れなくなるのが早いものもありますので、見つけたら早めにご覧になった方がいいと思います。

私は呑気にウォッチリストに入れてたやつを見逃したことがあります💧

 

さて、今回は立て続けに2本見ました!!

ちょっとした感想を書いてます。

 

今夜、ロマンス劇場で

映画監督を夢見る青年・健司が密かに想いを寄せるのは、通い慣れた映画館・ロマンス劇場の映写室で見つけた古いモノクロ映画のお姫様・美雪。今は誰も観なくなったその映画を、毎日のように何度も繰り返し観ていた健司の前に、ある日奇跡が起きる。美雪が健司の前に突然現れたのだ。その日から2人の不思議な同居生活が始まった。モノクロの世界しか知らない美雪にカラフルな現実世界を案内する健司。同じ時間を過ごす中で、2人は次第に惹かれあっていく。しかし、美雪にはある秘密があった。現実の世界に来るための代償で、人のぬくもりに触れたら美雪は消えてしまうのだ。そんな中、美雪は映画会社の社長令嬢・塔子が健司に想いを寄せていることを知る。好きだから触れたい、でも触れられない……。この切ない真実に2人はどう向き合い、どんな答えを出すのか――

  

CMで宣伝してた時からちょっと気になってたんですよね、今回プライムビデオで見つけてさっそく見ました。

最初、評価がいい割にはあんまり面白くないな~と、がっかりしてたんですが、中盤から目が離せなくなりました。

ファンタジーなラブストーリーです。主役の二人が役にあっててよかったと思います。

悪い人が出てこないのもいいですね、ほんわかします。健司の一途さが素晴らしいです。

最後はまさかの展開でした、「そうくるか!」と。

切なくて涙しますが、ハッピーエンドですのでご安心を!!

 

私のおすすめ度は★★★★☆です。

今夜、ロマンス劇場で

今夜、ロマンス劇場で

 

 

 

祈りの幕が下りる時

東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は滋賀県在住の押谷道子。殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。やがて捜査線上に浮かびあがる美しき舞台演出家・浅居博美(松嶋菜々子)。しかし彼女には確かなアリバイがあり、捜査は進展しない。松宮脩平(溝端淳平)は捜査を進めるうちに、現場の遺留品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを発見する。その事実を知った加賀恭一郎(阿部寛)は激しく動揺する。それは失踪した加賀の母に繋がっていた--。加賀恭一郎“最大の謎”がついに明らかに。

 

「加賀恭一郎」シリーズ、劇場版第2段ですね。

連続ドラマ及び前作も見ました。(結構前なので内容はうろ覚えですが)

いやもう何年かぶりかに声を出して泣きました。

私は割と涙もろい方なんですが、普段涙を拭うぐらいが多いです。

でももうこれは嗚咽が止まりませんでした。呼吸困難になりそうでした。

決してすっきする終わり方じゃありません。モヤモヤします。(事件はきちんと解決しますが)

東野圭吾さんの作品はだいたいそうなんですよね(^_^;) 加害者が切ない。

 

私のおすすめ度は★★★★☆です。

祈りの幕が下りる時

祈りの幕が下りる時

 

 

ちなみに前作もプライムビデオで見れますので、あわせてどうぞ。

 

麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」

東京・日本橋、翼のある麒麟像の下で男性の刺殺体が発見された。刑事・加賀恭一郎(阿部寛)は、被害者・青柳武明(中井貴一)の死の直前の行動に疑問を抱く。…なぜ彼は腹部を刺されたまま助けも求めず、8分間も歩き続けたのか?そもそも縁もゆかりもない日本橋で何をしていたのか?…青柳の家族も父親の行動に全く心当たりがなかった。すれ違う心が起こした哀しき殺人事件…加賀恭一郎は、その背後に隠された真実を見つけだすことができるのか?

 

おすすめ度は★★★☆☆です。

若かりし時(今でも十分若いですが)の菅田将暉山崎賢人松坂桃李とか出てます。

途中まで気づきませんでした(笑)